Hostess Entertainment Unlimited

Hostess Club

XL Recordings Presents Chapter VI

XL Recordings Presents Chapter VI

レイヴ・ムーヴメント最盛期の1989年にリチャード・ラッセルを中心に設立された英名門レーベル<XL Recordings>。今やその名なくしてはインディー・ミュージックを語れないほどの存在となっている彼らが送り出す、新進気鋭のサウンドメーカーが一堂に会する特別な一夜がロンドン、マンチェスター、そしてここ東京で開催決定!


11月27日(金)開催<XL Recordings Presents Chapter VI>、ゾンビー出演キャンセルのお知らせ

11月27日(金)に代官山UNIT/SALOONにて開催される<XL Recordings Presents Chapter VI>に出演予定だったゾンビーがアーティスト本人の都合により出演がキャンセルとなりましたことをお知らせ致します。

以下XL Recordingsからのメッセージとなります。

私たちがコントロールすることのできない事情によりゾンビーが来日することができず、今夜開催される<XL Recordings Presents Chapter VI>に出演できなくなってしまったことを残念ながらお伝えしなくてはなりません。 しかしながら、スペシャル・リクエストが代わりにロング・セットを披露してくれることとなります。この不運な状況により落胆させてしまったファンの方々に深くお詫び申し上げます。

開催直前でのキャンセルとなりましたことを、ゾンビーの出演を待ちわびてくださっていたファンの皆さまに深くお詫び申し上げます。
既に日本へ到着しているスペシャル・リクエストがゾンビーの代わりにロングセットを披露してくれることとなりました。
尚、今回のキャンセルに伴うチケットの払い戻し等はございません。予めご了承ください。
お客様、そして関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしますことを重ねてお詫び申し上げます。


2015/11/27(金)代官山UNIT / Saloon
open / start 24:00
出演:<UNIT> Special Request / Hugo Massien / 1-DRINK
   <SALOON - Organized by C.E> DJ I'm Sorry / Powder / Toby Feltwell / Koko Miyagi / Bacon


『XL Recordings: XL Chapter VI』が日本限定で初CD化!会場にて50枚限定販売決定!

本イベントの開催を記念し、世界ではヴァイナルのみでリリースされるコンピレーション・アルバム『XL Recordings: XL Chapter VI』が日本限定でCD化。当日会場にて50枚限定販売されることが決定しました!ファン必携のアイテムとなること間違いなしの作品ですのでお見逃しなく!

Ticket Information 前売り:3,500円(税込 / 別途1ドリンク)
当日券:4,000円(税込 / 別途1ドリンク)

前売りチケット販売:10月17日(土)より各プレイガイドにて販売スタート!
イープラス
ローソンチケット / Lコード:77847


●その他前売りチケット取扱いサイト / 店舗

Online:
Clubberia online Shop
RA

Shop:
diskunion 渋谷 Club Music Shop
diskunion 新宿 Club Music Shop
diskunion 下北沢 Club Music Shop
diskunion 吉祥寺
Disc Shop Zero
Jet Set Tokyo
Technique
代官山UNIT


※20歳未満の方はご入場いただけません。
※写真付きIDチェック有り。身分証明書をご持参ください。
※アーティストの変更・キャンセルによる払い戻しは致しません。

Artist Information
  • Zomby 顔、素性、生まれなどその存在全てが謎のベールで包まれたエレクトロニック・アーティスト/プロデューサー。08年にアルバム・デビュー。11年にイギリスの名門レーベル<4AD>と契約し2作目『デディケーション』で本格世界デビュー。ディプロ、ブリアル、コード9、パンダ・ベアといった人気アーティストがファンを公言。13年3月には3rdアルバム『ウィズ・ラヴ』をリリース。ダブステップを超えた新世代クロスオーバー・サウンドでエレクトロニック・ミュージック界の異端児として注目を集めている。
    http://hostess.co.jp/xl/zomby/
  • Special Request ハウス・プロデューサー、ポール・ウールフォードが、UKダンスミュージックに特化した別名義であるスペシャル・リクエスト。13年にロンドンの有名クラブであるファブリックが主宰するレーベル、〈ハウンズトゥース〉より、同名義でアルバム『ソウル・ミュージック』を発表。ブロークンビーツを用いたバック・トゥ・ベーシックなスタイルや、リミキサーに新人のテセラを起用するなどで話題となり、そのアイデア、そのクオリティともに高い評価を得た。〈XLレコーディングス〉より15年10月30日にEP「モダン・ウォーフェア」を発表する。
    https://www.facebook.com/Special-Request-187929584633014/
  • Hugo Massien 新人ながらUKで今最も熱いアンダ―グラウンド・ハウスシーンで輝きを見せるプロデューサー、ヒューゴ・マシエン。2014中に最も話題になった楽曲曲、Night Shift の「Made You Look」のリミックスがロンドンのアンダーグランドミュージックシーンで影響力が高いRinse FMで番組を持つDJMark Radfordによるレーベル<Audio Rehab>から2015年の2月にリリースされた。ブリストル出身の彼は最近ベルリンを拠点に移し、前途有望の気鋭プロデューサー。
    https://www.facebook.com/hugomassien
  • 1-Drink TECHNO、HOUSE、BASS、DISCOの境界を彷徨いながら現在にいたる。 DJユニット"JAYPEG"を経て現在は個人活動中。 ときどき街の片隅をにぎわせている。
    https://soundcloud.com/1-drink
    https://soundcloud.com/t-o-b-o-r


<SALOON - Organized by C.E>
  • DJ I'm Sorry スウェーデンはボロースから降臨したDJ I'm SorryことOlle Bengtssonはデビュー作である『U klootzakken doen niets over muziek』を2011年にSkuld Recordsからリリースして以来オランダ・ベイルマーの郊外、それも路肩にあるクラブ(Club Midnight, the Crab, Trellics)でその名を馳せてきた。
  • Powder 2015年、Born Free Records(SWE)、ESP Institute(US)より12インチアナログをリリース。
    https://soundcloud.com/thinner_groove
  • Toby Feltwell 1996年よりMo'WaxにてA&Rを担当したのち、2003年にXL Recordings傘下のレーベルPLATINUM PROJECTSを立ち上げた。現在はC.Eのディレクターを務める。
    https://www.cavempt.com
  • Koko Miyagi https://soundcloud.com/kokomiyagi
  • Bacon http://bacon-index.tumblr.com


  • ■C.E (シーイー) デザイナー:Sk8ightTing(スケートシング)
    ディレクター:Toby Feltwell(トビー・フェルトウェル)

    Sk8ightTingがToby.F、Yutaka.Hの2人と共に2011年にスタートさせたストリートウエアブランド。Philip K. Dick の著書『UBIK』に登場する女性のタトゥー“Caveat Emptor”(ラテン語で“買い手が品質の危険性を負う”の意)がブランド名の由来。シーズンテーマはありません。
    2013年3月、2014年9月にはMercedes-Benz Fashion Week TOKYO内 のイベントVersus Tokyoにおいて映像と音楽を用いたプレゼンテーションを発表。同年2014年12月にはロンドンのTete Britainで開催された、Late at Tete Britainでもプレゼンテーションを行いました。
    https://www.cavempt.com